【12話】生きる上で、切っても切れない「活性酸素」とのお付き合い

「活性酸素」について語るには、

まずこの方を先に紹介する必要があります。

 

OOKAWA6_ana20140726104327_TP_V

 

そう、「ミトコンドリア」さんです。

 

ミトコンドリア – Wikipedia
ミトコンドリア(mitochondrion、複数形: mitochondria)は真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与する。酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。
(Wikipediaより引用)

 

えーっと、

つまり、

どういうことだってばよ?というと、

 

ミトコンドリアは「酸素」を使って

人間が活動するためのエネルギーを作り出す細胞器官ってことです。

 

人間が呼吸をしないといけない理由は、

ミトコンドリアさんにエネルギーを作ってもらわないといけないからです。

 

でないと死んでしまいます。

 

MIMIYAKO85_sunahamaumeru20140726_TP_V

 

で、

 

このミトコンドリアさんが

酸素を利用してエネルギーを作り出す過程で、

1~2%ほどの酸素が「活性酸素」に変わります。

 

…うん?

 

つまり、

「生きている限りは活性酸素は発生する」ということかな?

 

どうやら生物は、太古の昔からの進化の過程で、

効率よくエネルギーを作るランキングをした結果、

酸素を利用するようになったそうな。

 

だから、生きている限りは続くんです。

 

OOKAWA_sunahama20140726104455_TP_V

 

 

ずっと。

 

 

⇒【13話】人はなぜ老い、朽ち果てていくのか…その原因も「活性酸素」

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ