【24話】様々な「環境汚染物質」も「活性酸素」の発生源となる!?

ここ最近は、「喫煙者」にとっては

だいぶ厳しい世の中になってますね。

 

喫煙者、非喫煙者、比較ランキングなんてやったら、

平成の初期と比べ、ひっくり返っているでしょう。

 

OOK86_kemutai15185634_TP_V

 

昔だったら、

街中のいたるところに灰皿が置いてあったり、

駅のホームでも普通に吸えたし。

 

飲食店も「全席禁煙!」なんていう店も多くなってきましたね。

 

あとは車なんかも、

排気ガスが少ない or 全く出ない、

いわゆるエコカーの方が減税を受けられたりとか。

 

こういった「タバコの煙」や「排気ガス」なんかも

「活性酸素」が発生する原因になるそうなのです。

 

OOK92_onigekioko20150201190024_TP_V

 

こ、ここでもか…。

 

細菌やウイルス以外にも、

このような異物が入ってきた際にも、

もちろん「免疫システム」が作動し、

「活性酸素」の兵隊を作り出して迎撃しようとする効果があるわけです。

 

CON_binta15103412_TP_V

 

あくまでも異物撃退のための「活性酸素」ですから、

カラダにとっては必要な「活性酸素」なわけです。

 

しかし、増えすぎた「活性酸素」の一部は闇堕ちしてしまい、

悪の活性酸素「ヒドロキシルラジカル」へと変貌してしまいます。

 

CON_munagura15102500_TP_V

 

現代社会においては、

カラダにとっての異物とされるものは

なんと20万種類近くもあるそうです。

 

高度な文明発達によって生み出された数々の化学物質。

生きていくために必要な労働、それによって生じる様々なストレス。

 

女性は美しくあること、を求められる社会。

 

現代社会で生きていくには、

「活性酸素」との付き合いは切っても切れない縁であると言えます。

 

CON_katawo15092721_TP_V

 

しかし、「活性酸素」はカラダに必要な成分でもあるわけで。

「活性酸素」ときちんと向き合うことが必要とされているわけです。

 

CON_jidori15101120_TP_V

 

 

 

 

⇒【25話】「はじめての水素水」水素水についての疑問ランキング

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ