【32話】効果はバツグン!水素風呂で心もカラダも健康になろう!

PAK96_suieiboudanshi20140726_TP_V

 

なんと、

「水素」が発生する入浴剤があります。

 

これをお風呂に投入することで、

簡単に「水素風呂」を作れます。

 

水素が溶け込んだ湯船につかると、

全身から水素を取り込むことができます。

 

水素は気体なので、

簡単に皮膚から浸透していくわけです。

 

MIYAKO75_yatta--20140726_TP_V

 

「水素風呂」に浸かるときは

ぬるま湯にしておくことをおすすめします。

 

水素の効果によって、

全身の血流がよくなり、

普段よりも汗をかきやすくなるからです。

 

水素が入りやすい、

とはいっても全身にまんべんなく

満たされるまでに10分前後は時間がかかります。

 

せっかくの水素風呂ですから、

長めに入らないともったいないです。

 

お風呂が熱すぎるとすぐにのぼせてしまいますから。

 

普段、湯船に長く浸かる習慣がない、

という人であれば、

防水機能付きのスマートフォンや

タブレットなんかを持ち込んでみるといいでしょう。

 

MIYAKO85_kurimaoohashi20140726_TP_V

 

最近の機種ならほとんどが防水機能付きです。

 

お風呂での使用はやめましょう、

なんて注意書きのある機種もあったりしますが、

経験上湯船につけたりしない限りはよほどでないと壊れることはないでしょう。

(壊れてしまったら自己責任でお願いします)

 

MIMIYAKO85_mamorukun20140726_TP_V

 

一本動画を見たりしている間に、

あっという間に数十分は時間が過ぎていくことでしょう。

 

たっぷり水素風呂に浸かって汗をかいた後は、

水分補給を忘れないようにしましょう。

 

お風呂あがりにキンキンに冷えた

「水素水」をグビッといけば完璧です。

 

これは水素水の教授も行っている習慣で、

効果を体感できるランキング1位でしょう。

 

カラダの外から中から、

全身くまなく水素が行き渡っていくことでしょう。

 

MIYAKO85_mamorukun20140725_TP_V

 

入浴には心身ともにリラックス効果や

デトックス効果もあると言いますし、

本当におすすめな水素活用法のひとつだと言えますね。

 

 

⇒【33話】おやすみ前のスキンケアにも効果的だぞ!「水素水」!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ