【40話】水素含有量や信頼性を重視して「水素水」を選ぶのがベスト!

OY151013250387_TP_V

 

「水素水」が売りだされたのはなにも

昨日今日という話ではないわけですから、

たくさんある水素水の銘柄の中には、

売れているもの、売れていないもの、というのがあります。

そのため、水素水ランキングが色々な種類あります。

 

OY1151013220971_TP_V

 

そんな「水素水」を選ぶ基準としては、

まず基本ですが「水素含有量」です。

 

基準としては、「0.8ppm(0.8ミリグラム/リットル)」

以上の水素が含まれていることです。

 

基本的には濃度が高いほどよく効果が出ます。

 

OY151013290444_TP_V

 

0.8ppm以上の水素水を飲むと、

尿意を催すことが多くなる傾向にあるようなので、

「飲んだらやたらトイレに行きたくなる」ような水素水だと、

基準を満たしているということでしょう。

 

OY1151013231048_TP_V

 

また、水素水には薬事法の制限があり、

本来ならば、「○○に効く!」とか「○○の予防に!」

などという効果や効能を謳うことができません。

 

中にはそんな法律を無視して

販売している業者もあるようですが、

そういう業者は長続きしないでしょう。

 

OOK151013400I9A0835_TP_V

 

やはり選ぶならきちんと薬事法を守りながら地道に販売を続け、

ユーザーからの体験も多く寄せられているような会社の商品を選ぶのがベスト、

 

ということですね。

 

 

⇒【41話】「○○のおいしい水」のような産地にこだわる水素水が売れている!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ