【45話】「水素水サーバー」の主なタイプや、注意点などについてまとめ

「水素水サーバー」は、

ランキングでもたくさん紹介されていて

本当にたくさんの商品が売られており、

それぞれ水素発生の仕様が異なったりします。

 

タイプ分けをすると大きくこのような感じになります。

 

SEP_327215200714_TP_V

 

1.電気分解タイプ

水を電極で電気分解し、「水素水」を作るタイプです。

メジャーなタイプなようですが、

注意点として「電極」部分が水に直接触れているタイプだと、

細菌が繁殖してしまう可能性があります。

 

水素水を作り置きするようなタイプも、

汚染の原因となるので注意が必要です。

 

電極が水と直接接触しない、新しいタイプもあるようです。

 

2.マグネシウム触媒タイプ

水とマグネシウムが化学反応を起こすことを利用して、

「水素水」を作るタイプです。

 

水素水サーバーの中では比較的安価なタイプのようですが、

このタイプだと十分な水素濃度の水素水が作れないことが多いそうです。

 

3.気体過飽和タイプ

水素ガスを圧力を加えて水に溶け込ませ、「水素水」を作るタイプです。

高い水素濃度の「水素水」を作れ、

化学反応の影響による水質変化も起こらず、

おいしい「水素水」が作れるようです。

 

元々は業務用、医療用などで使われてたものということもあり、

メリットが大きい反面、導入コストが高い点がデメリットになります。

 

SEP_355215221321_TP_V

 

水素水サーバーのメンテナンスを怠ると、

サルモネラ菌や腸チフス菌など、

水素をエネルギーとするバクテリアの繁殖の元に繋がりますので、

水素水サーバーを選ぶ際はメンテナンスのしやすさも重要だと言えますね。

 

 

⇒【46話】嘘を嘘と見抜くチカラが大事?様々なうたい文句に惑わさるな!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ