水素水7.0ppmの水道水での作り方を紹介!

item-74

 

水素水7.0ppmの水道水での作り方について紹介をしていきたいと思います。

まず、水素水7.0ppmとは恐らく「水素水7.0」のことを指しているのでしょうけれども、商品名は「水素水7.0」であって「水素水7.0ppm」ではありません。

7.0ppmの水素水ってことであれば「水素水7.0」と「セブンウォーター(7water)」と2つの水素水が挙げられます。

 

7water

 

この水素水7.0とセブンウォーターは両方とも水素水スターターセットでの販売で、初月に水素水作成キットが届きます。

水素水7.0もセブンウォーターも専用の耐圧ペットボトルに水を入れて、その中に水素発生剤を入れて、キャップをし、水素発生まで放置するって流れになります。

私は普段から水素水7.0もセブンウォーターも飲んでいますが、いままでもミネラルウォーターを購入していたので、その水で水素水を作って飲んでいます。

ただ、ミネラルウォーターを購入する習慣がなく水道水をいままで飲んでいたっていう場合でも問題は全然ありません。

この専用の耐圧ペットボトルに水道水をいれて、その後水素発生剤をいれて、キャップをして水素発生まで放置します。

ちなみに水素水7.0の方が水素発生にかかる時間は短くてどんどん水素が発生されます。

 

 

しかしセブンウォーターのが価格は低価格ですので継続がしやすいですね。

こちらの動画はセブンウォーターで水素水を作り、キャップを外したところの映像です。

 

 

溢れる水素水ですね!

水素水7.0もセブンウォーターも私は両方とも効果を体感できたのでおすすめです。

興味があれば水素水7.0もセブンウォーターも詳しく違いをお話しているので見てみてください。

水素水7.0について詳しい情報は下記口コミボタンから。

 

button_019

 

セブンウォーターについて詳しい情報は下記口コミボタンから。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ