浸みわたる水素水の濃度は2.2ppm~2.8ppmで高濃度!

simiwataru2

 

アビストの浸みわたる水素水はアルミパウチ水素水の中で2番目に高濃度な水素水です。

 

商品名パッケージ水素濃度初回価格
(コスパ)
初回容量定期価格
(コスパ)
定期容量
セブンウォーター

⇒詳細
7water

5.0ppm~7.0ppm5,600円
(187円)
500ml
30本
5,400円
(180円)
500ml
30本
水素水7.0

⇒詳細
item-74

5.0ppm~7.0ppm6,800円
(227円)
500ml
30本
6,900円
(230円)
500ml
30本
トラストウォーター

⇒詳細

trustwater

3.0ppm9,980円
(415円)
400ml
30本
9,980円
(415円)
400ml
30本
浸みわたる水素水

⇒詳細

simiwataru2

2.2ppm~2.8ppm6,300円
(210円)
500ml
30本
8,820円
(294円)
500ml
30本
ビガーブライトEX

⇒詳細

81lh3waTLGL._SL1500_

1.6ppm6,900円
(230円)
500ml
30本
8,400円
(280円)
500ml
30本
仙寿の水

⇒詳細

senjyu

1.2ppm~1.6ppm7,290円
(365円)
250ml
40本
7,290円
(486円)
250ml
30本
水素たっぷりのおいしい水

⇒詳細

51Lln6NPzlL

0.8ppm~1.2ppm4,750円
(197円)
300ml
40本
9,500円
(395円)
300ml
40本

 

シリカが入っている水素水の中では1番高濃度な水素水です。

そして、浸みわたる水素水は製造から8週間が経過してもその溶存水素濃度は1.63ppmでした。

これは通常の気圧での飽和濃度である1.57ppmを超えているので、結構信じがたい数字って言えるぐらいの溶存水素濃度です。

浸みわたる水素水は溶存水素濃度が高い上に、抜けにくいってところが最大のおすすめポイントです。

さらに言うと、浸みわたる水素水は「溶存水素濃度」「価格・コスパ」「人気・売れ筋」「メディアへの露出」とどれを見ても、上位にランクインする珍しい水素水です。

アルミパウチ水素水でどれにしようか悩んでいるのであれば浸みわたる水素水を購入すれば間違えないと言っても過言ではないレベルです。

そんな浸みわたる水素水についての口コミなどについては下記ボタンから見てみてください。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ