浸みわたる水素水は製造から8週間たっても高濃度水素水!

simiwataru2

 

浸みわたる水素水は高濃度水素水で2.2ppm~2.8ppm(充填時)です。

この数値はアルミパウチ水素水の中ではトラストウォーターに次NO2高濃度水素水です。

しかし浸みわたる水素水の凄いところは、高濃度ってだけでなく製造から8週間たっても溶存水素濃度が1.63ppmの飽和状態ってことにあります。

 

2016y04m14d_224539688

 

水素の飽和濃度は通常の気圧で1.57ppmなので浸みわたる水素水は8週間が経過してもこれ以上ってことになります。気温や環境により全てがそうなるわけではもちろんないでしょう。

でも、実際にこういった数値が出ているってことは、他の水素水よりも期待ができます。

浸みわたる水素水は、こういった水素水としてのスペックも非常に高く、使用されている水自体も井戸を何度か掘り直して見つけたぐらいこだわっているのです。

ちなみに浸みわたる水素水の使用されている水は日本名水百選の上「まれにみる美味しい天然の健康名水」の鑑定書までついています。

その上、水素水なのに美容によいシリカが入っているので、鬼に金棒です。

シリカが入っている水素水は他にも多少ありますが、シリカが入っている水素水のなかで溶存水素濃度が一番高いのはもちろん浸みわたる水素水です。

浸みわたる水素水のさらに詳しい情報や口コミについては下記口コミボタンから見てみてください。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ