アビストの浸み渡る水素水ではなく浸みわたる水素水です!

simiwataru2

 

アビストの浸みわたる水素水ですが、よく「浸み渡る水素水」と検索されているようです。

特に意味はないのですが、ネーミングって色々な気持ちがあったのかなぁと思い記事として書いてみました。

きっと「わたる」は感じではいけないなにかがあったのでしょう。

浸みわたる水素水はそういったこだわりが強い水素水だと思います。

なぜかと言うと、まず浸みわたる水素水につかう水。これについて納得のいく水に出会うまでに3回も井戸を掘ったという話を聞きました。

水素水をつくるのに水素のことばかりを考えるのではなく、水についてもこだわりがあったのです。

井戸は掘ったことがないので、どのくらい大変なのかはわかりませんが、こだわりを持っていることは強く伝わってきました。

そして、そのこだわりは水だけでなく、工場の衛生面でも徹底されています。

こういった話をドランクドラゴンのバカ売れ研究所というTV番組で浸みわたる水素水が紹介されている時に話していました。

 

 

浸みわたる水素水のアビストの社員の方も、工場の方も凄く人柄良さそうでますます浸みわたる水素水の高感度があがりました。

浸みわたる水素水のお買い得な情報など口コミについては下記の口コミボタンから見てみてください。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ