ドランクドラゴンバカ売れ研究所で浸みわたる水素水を紹介!

simiwataru2

 

アビストの浸みわたる水素水は、ドランクドラゴンの番組、バカ売れ研究所で紹介されました。

 

 

これを見ていただくとわかりますが、水素水だがその水まで徹底的に納得のいく水を探し求め、工場の衛生面も徹底されています。

なにより消費者の我々におくる浸みわたる水素水は全て受注発注なので新鮮な出来たての水素水をおくってくれるのです。

水素水は水素が宇宙で一番小さい分子のため、水素が抜けてしまう可能性があるってことが唯一のネックなポイントです。

しかし、浸みわたる水素水は、受注発注により出来たてを送ってくれるだけでなく、水素自体も抜けにくいとされています。

 

2016y04m14d_224539688

 

浸みわたる水素水は製造から8週間が経過してもその溶存水素濃度は1.63ppmでした。これは通常の気圧での飽和濃度である1.57ppmを超えているので、結構信じがたい数字って言えるぐらいの溶存水素濃度です。

それだけ浸みわたる水素水は水素濃度についても徹底されているのですね。

浸みわたる水素水の口コミやさらに詳しい情報については、口コミボタンから見てみてください。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ