水素水7.0ppmのペットボトルについて!裏ワザも紹介!

gatag-00007921

 

水素水7.0ppmのペットボトルについての裏ワザを紹介します。

まず、水素水7.0ppmとは恐らく「水素水7.0」のことを指しているのでしょうけれども、商品名は「水素水7.0」であって「水素水7.0ppm」ではありません。

7.0ppmの水素水ってことであれば「水素水7.0」と「セブンウォーター(7water)」と2つの水素水が挙げられます。

この水素水7.0とセブンウォーターは両方とも水素水スターターセットでの販売で、初月に水素水作成キットが届きます。

水素水7.0もセブンウォーターも専用の耐圧ペットボトルに水を入れて、その中に水素発生剤を入れて、キャップをし、水素発生まで放置するって流れになります。

なので、水素水7.0もセブンウォーターも専用の耐圧ペットボトルがスターターセットに入っています。

両方とも2本ずつ入っているのですが、この専用の耐圧ペットボトルは追加で購入することもできます。なので水素水をつくる本数を増やしたくても問題はありません。

そして、ここからが水素水7.0ppmのペットボトルについての裏ワザを紹介します。

実は、この追加で購入することもできる、専用の耐圧ペットボトルについてなんですが、購入しなくても追加で増やすことはできるのです。

なんと、市販の炭酸水や炭酸飲料のペットボトルであれば代用ができるのです。

これはセブンウォーターの販売元であるクオシアに電話して確認したことですので、ご安心ください。

そして私も実際、何故か急に水でなく牛乳で水素水(水素乳?)を作りたくなるという、よく分からない衝動に駆られた際に、専用の耐圧ペットボトルが牛乳臭くなるのも嫌だし、市販の炭酸飲料のペットボトルを代用して水素水(水素牛乳?)を作ったことがあります。

結果から言うと、ペットボトルはまったく問題ありませんでした。

なので、追加で専用の耐圧ペットボトルを購入することはできますが、実は購入しなくても炭酸飲料のペットボトルで代用ができるって裏ワザでした!

水素水7.0についてのさらに詳しい口コミなどはこちらです。

 

button_019

 

セブンウォーターについてのさらに詳しい口コミなどはこちらです。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ