水素水7.0ppmの口コミや効果について

item-74

 

水素水7.0ppmの口コミや効果についてお話します。

まず、「水素水7.0ppm」っていうと一般的に「アキュエラの水素水7.0」のことを指すのかと思いますが、厳密に言うと「7.0ppmの水素水」のことを指すのかと個人的には思います。

そういった意味で「7.0ppmの水素水」についてですと「アキュエラの水素水7.0」と「クオシアのセブンウォーター(7water)」があります。

 

7water

 

私はどちらも飲んでいますが、アルミパウチ水素水(0.8ppm~3.0ppmの水素水)と違うところとしては「シュワシュワ感」がまず第一に言えます。

水素水は通常の気圧ですと最大で1.6ppm(厳密には1.57ppm)が飽和濃度とされています。

しかしその数値をはるかに上回っている7.0ppmの水素水はなぜできるかと言うと、耐圧ペットボトルの中で圧力をかけて水素を発生させるためです。

水素が発生する前はペットボトルの中は水かさがMAXなのに、水素が発生すると水かさが減っている状況になります。

その水かさが減った部分が水素です。

飲む前このペットボトルを振って水と水素を混ぜてから飲むのが7.0ppm水素水の主な特徴です。

ペットボトルのキャップを開けると一気に圧力が抜けて、通常の気圧に戻ります。

この時に水素が抜けてしまって1.6ppm以下になるとも言われていますが、私が溶存水素濃度判定試薬で調べた限りではそんなことはありませんでした。

 

 

溶存水素濃度判定試薬とは青い液体なのですが、水素水に垂らすと透明になります。

1滴たらして透明になると、その水素水には0.1ppmの水素が溶存されているってことになりますので垂らした滴数により、その水素水の溶存水素濃度が分かるって仕組みです。

7.0ppmの水素水をつっくるには、水素発生時間が24時間かかるのですが、この測定をしている水素水は15時間ほど放置してあったものです。

動画をみていただくと分かると思いますが60滴以上も溶存水素濃度判定試薬を垂らすことができました。

つまり6.0ppm以上ってことです。

ペットボトルのキャップを外しても水素がすぐに抜けてしまうわけではないってことがわかりました。

水素水の研究をされている日本医科大学の太田教授の書籍「水素水とサビない身体」でも、水素水はコップに移してから3時間程で半分ぐらいの水素が抜けてしまうと書いてあったので、巷で言われている情報は特に気にしなくて良いのかな?ってのが私の個人的な感想です。

アキュエラの水素水7.0についての口コミについては下記のリンクから見れますので、興味がある方は是非見てみてください。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ