水素水7.0ppm作り方を紹介!2種類の方法をお話します!

gatag-00003631

 

水素水7.0ppmをつくる方法は2種類あります。

7.0ppm水素水を作れるアキュエラの水素水7.0を購入するか、クオシアのセブンウォーター(7water)を購入するかです。

両者の価格の違いはこちらです。

商品名パッケージ水素濃度初回価格
(コスパ)
初回容量定期価格
(コスパ)
定期容量
セブンウォーター

⇒詳細
7water

5.0ppm~7.0ppm5,600円
(187円)
500ml
30本
5,400円
(180円)
500ml
30本
水素水7.0

⇒詳細
item-74

5.0ppm~7.0ppm6,800円
(227円)
500ml
30本
6,900円
(230円)
500ml
30本
トラストウォーター

⇒詳細

trustwater

3.0ppm9,980円
(415円)
400ml
30本
9,980円
(415円)
400ml
30本
浸みわたる水素水

⇒詳細

simiwataru2

2.2ppm~2.8ppm6,300円
(210円)
500ml
30本
8,820円
(294円)
500ml
30本
ビガーブライトEX

⇒詳細

81lh3waTLGL._SL1500_

1.6ppm6,900円
(230円)
500ml
30本
8,400円
(280円)
500ml
30本
仙寿の水

⇒詳細

senjyu

1.2ppm~1.6ppm7,290円
(365円)
250ml
40本
7,290円
(486円)
250ml
30本
水素たっぷりのおいしい水

⇒詳細

51Lln6NPzlL

0.8ppm~1.2ppm4,750円
(197円)
300ml
40本
9,500円
(395円)
300ml
40本

そして、両者の水素濃度の発生にかかる時間に違いはこちらです。

 5.0ppmまでの発生時間7.0ppmまでの発生時間
水素水7.010分24時間
セブンウォーター12時間24時間

次に、水素水の作り方ですが、水素水7.0もセブンウォーターも大まかな流れは同じで、ペットボトルに水を入れて、水素発生剤を入れて、ペットボトルのキャップを締める。

その後、上記水素発生時間を放置して水素を発生させる。

そして、実際に飲む前にペットボトルを30秒ほど振って水素と水をよく混ぜてキャップを開けて飲みます。

ちなみにその時の映像がこれです。

 

 

凄いですよね?

 

水素水は決して炭酸水ではありません。それなのにキャップを開けた途端に溢れました。良く見るとペットボトル内に水素の気泡も見えます。

この水素水をコップに移して飲むと、すごくスッキリして気持ちがいいのです!

是非皆様にも飲んでスッキリしてもらいたいって思いますね。

 

水素水7.0については下記口コミボタンから進んでいただくと、更に詳しい情報を載せています。

 

button_019

 

セブンウォーターについては下記口コミボタンから進んでください。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ