水素水7.0ppmは週刊文春で太田教授が高濃度と認めた!

item-74

 

水素水7.0ppmを週刊文春で太田教授が高濃度と認めたことについてお話します。

まず、水素水7.0ppmとは恐らく「水素水7.0」のことを指しているのでしょうけれども、商品名は「水素水7.0」であって「水素水7.0ppm」ではありません。

7.0ppmの水素水ってことであれば「水素水7.0」と「セブンウォーター(7water)」と2つの水素水が挙げられます。

週刊文春で太田教授が溶存水素濃度を測定したのは水素水7.0の方です。

まずは、こちらの週刊文春の一コマを見てください。

 

bunsyu

 

こちらは当時発売されていた水素水を週刊文春と日本医科大学の太田教授が測定したときの記事です。

見ていただくとわかるように、水素水として販売されているもののなかに水素が入っていないものもありました。

そんな中、水素水7.0(掲載当時は水素水5.0)は断トツで高濃度水素水であることが証明されました。

こういったことから、水素の世界的権威者が認めたプロ仕様の水素水と水素水7.0は言われているでしょう。

さらに詳しい水素水7.0についての情報は下記口コミボタンから見てみてください。

 

button_019

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ